先輩の声

採用情報

新卒入社の先輩

Nakajima Kiyoshi

中島 聖

  • 入社年月:2006/4/1
  • 所  属:建設管理部 千葉作業所

 

Q1. 自分の仕事内容

 私は、主に橋梁・構造物の設計を担当しています。現在は、一般国道の4車線化に伴う橋梁の上部工設計に携わっています。この仕事は、初めて現場踏査から携わった業務で、計画や設計では現地把握の重要性を身に感じました。

 

Q2. 会社の良いところ、または魅力があるところ

 私自身あまり人付き合いが得意な方ではないので、入社当時は、人間関係に大きな不安がありました。しかし、実際に入社してみると先輩社員の方々は、良い人が多いので、すぐに不安が消え、楽しく仕事をすることができています。
 また、毎年、建コン協主催の野球大会に参加したり、ボーリング大会を行うなどスポーツを通じて、社員同士の親睦を深めて楽しく過ごしています。

 

Q3. 仕事で楽しいところ

 この仕事は、ゼネコンと違って実際に構造物ができていくところは見られませんが、自分が設計した橋梁や構造物が地図に載ったり、多くの人が利用してもらえるところなどが楽しいところで、やりがいのあるところです。

 

Q4. 仕事で辛いところ

 この業界全体に言えることだと思いますが、業務の納期や年度末には、遅くまで残業をしたり、休日返上で仕事をするのが辛いところです。
 また、発注者との協議などで、様々な理由で計画が始めからやり直しになった場合や、橋梁の形式が変更になった場合は、非常に辛いところです!

 

Q5. 新卒採用の応募者へのメッセージ

 橋梁設計という仕事は、その地域に住む住民だけでなく、その道路を利用する全ての人に関わりを持つ、大変やりがいのある仕事だと思います。ぜひ、一緒に街づくりに携わりましょう!!